ジャズメンの生涯

JAZZ界のジェームズ・ディーン チェット・ベイカーの生涯

ささやくような甘い声で歌い、ソフトなトランペットも奏でる、チェット・ベイカー。若い時にはアイドル並みのスター。ところが彼も当時のジャズメン同様、麻薬中毒で一時は表舞台から消えます。彼の場合、演奏もさることながら、その生涯もドラマティックです。
ジャズ映画

大人の恋愛映画「恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ」

1989年公開映画「恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ(The Fabulous Baker Boys)」は上質なジャズに彩られた、ちょっとビターな大人の恋愛映画。ユーモアと温かさに包まれた、心地よい映画です。
ジャズメンの生涯

進駐軍ジャズから本場アメリカへ ジャズの殿堂入りした穐吉敏子さん

戦後まだ間もない頃に、若干26歳で渡米。その才能が注目されチャールズ・ミンガスのバンドに参加。一時、生活が困窮した時期もありましたが、日本の能の要素や、邦楽の楽器などをジャズに取り入れ日本人としてアメリカのジャズ界で不動の位置を築きました。
ジャズメンの生涯

力強いグルーヴで斬新なジャズ チャールズ・ミンガスの生涯(前編)

チャールズ・ミンガス(Charles Mingus 1922年~1979年)の経歴の前編です。幼少期~地元のバンドに入って、ベースを手にするまで。