ジャズメンの生涯

ジャズメンの生い立ちやプロになったいきさつ、経歴や晩年など、その生涯をご紹介しています。

ジャズメンの生涯

クラシック音楽の指揮者もできるジャズ歌手ボビー・マクファーリン

ボビー・マクファーリン(Bobby McFerrin 1950年3月11日~)。1人でベースライン、アルペシオ、メロディラインを行き来しながら歌うヴォイスパフォーマンスは鳥肌もの。全米チャートNo1ヒットもはなちながら、最近ではなんとクラシックのオーケストラの指揮者もしています。歌いながら!
ジャズメンの生涯

ジャズフルートの第一人者ハービー・マンの生涯

ハービー・マン(Herbie Mann 1930年~2003年)は、それまでジャズにおいてはサブ的存在だったフルートを全面に打ち出し、ジャズフルートという分野を打ち立てた第一人者です。そんな彼の生い立ちや、その生涯について書きました。
ジャズメンの生涯

ピアノトリオの生みの親 バド・パウエルの生涯(後編)

バド・パウエル(Bud Powell 1924年~1966年)は精神疾患やアルコール依存症、麻薬中毒などを抱えながら、チャーリー・パーカーがやっていることをピアノで演奏したすごい人と言われています。そんな彼のバイオグラフィー(経歴)の後編です。
スポンサーリンク
ジャズメンの生涯

ピアノトリオの生みの親 バド・パウエルの生涯(前編)

パド・パウエル(Bud Powell 1924年~1966年)はビバップのピアニストというだけでなく、それまでに奏法を編み出し現代のピアニストにも影響を与え続けている人。そんな彼のバイオグラフィー(経歴)の前編です。
ジャズメンの生涯

ジプシージャズの創始者ジャンゴ・ラインハルトの生涯(後編)

ジプシージャズの創始者ジャンゴ・ラインハルト(Django Reinhardt  1910年~1953年)の生涯(後編)です。第二次世界大戦中に、パリに戻りナチス占領下で迫害されながらもジャズを演奏し続けました。
ジャズメンの生涯

麻薬と酒とボサノヴァとジャズ スタン・ゲッツの生涯(後編)

スタン・ゲッツ(Stan Getz 1927年~1991年)の生涯(後編)です。ヨーロッパから帰国して、ボサノヴァをジャズに取り入れたアルバムの制作から、晩年までです。
ジャズメンの生涯

ビバップの創始者チャーリー・パーカーの破滅的な生涯(後編) 

チャーリー・パーカー(Charlie Parker  1920年~1955年)はビバップの創始者。そしてそれまで譜面どおりに演奏されていたジャズに即興性を持ち込んだ功労者。そのいっぽうでお酒をあびるように飲み、麻薬中毒ゆえのハチャメチャな行動でも有名。そんな彼の生涯(後編)です。
ジャズメンの生涯

ホームレスからジャズ歌手へエラ・フィッツジェラルドの生涯(後編)

エラ・フィッツジェラルド(Ella Fitzgerald 1917年~ 1996年) の生涯(後編)です。ソロシンガーになったエラが人種差別にあったエピソードや、女優マリリン・モンローに助けられた話など。
ジャズメンの生涯

活動期間10年でレジェンドへ ジョン・コルトレーンの生涯(中巻)

テナーサックスのジョン・コルトレーン(John Coltrane 1926年~1967年)の生涯(中の巻)は、マイルスのバンドに加入するもクビになり、麻薬を断ってセロニアス・モンクのバンドに参加した後、マイルスのバンドに再加入するまでです。
ジャズメンの生涯

力強いグルーヴで斬新なジャズ チャールズ・ミンガスの生涯(後編)

チャールズ・ミンガス(Charles Mingus 1922年~1979年)の経歴の後編です。ジャズの世界に踏み出してから晩年までです。