スティーヴィー・ワンダーの名曲を歌いYouTubeにupしました

この夏、はじめたYouTube

しばらく前になりますが、スティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)の名曲「Isn’t she lovely(可愛いアイシャ)」を歌って、YouTubeにアップしています。

原曲では小さな子供の笑い声も入って、とってもハッピーな曲。

スポンサーリンク

大好きな曲の1つです。

ジャズメンも、よくとりあげていてこの曲のジャズバージョンも数多く存在しています。

1番、有名なバージョンはソニー・ロリンズ(Sonny Rollins)でしょうか。

大好きなこの曲「Isn’t she lovely(可愛いアイシャ)」を、私もスイングさせてジャズで歌ってみました。

iRealのアプリだとリズムを選べるので、ジャズバージョンにするのもらくちんです。

御大ソニー・ロリンズ(Sonny Rollins)の演奏をご紹介した後に、おこがましくお恥ずかしいかぎりですが、その私のユーチューブの動画を貼っておきます。

よろしければお聞きくださいm(_ _)m

厚かましいですが、チャンネル登録などもしていただけると、うれしいです。

fifko
Hello! I' m fifko.I' m Japanese and love to sing, especially JAZZ!!! フィフコです。歌うこと、特にジャズが大好きです!

今回もカラオケはiRealで作成し、歌はTASCAMにシュアーのマイクをつないでオーバーダビングで歌入れしています。

詳しい方法は、こちらをご覧ください。

(かなりアナログな、どんくさいやり方なので、あまり参考にならないかもしれませんが。

もっといい方法はあると思います(笑))

iRealで作成したオケにTASCAMで歌をオーバーダビング
iRealでカラオケを作成して、Windowsに標準で入っていたアプリ「ペイント」で作成したイラストをつないで動画にして、「So nice (Summer Samba)」歌った音源につけてYouTubeにアップしました。その方法について。

前回と変えたのは、TASCAMの設定。

前回の「So nice(Summer samba)」ではノイズをカットするつもりで録音設定(REC SETTING)で低音カット(LOW CUT)の設定を40Hzに設定していたのですが、今回の「Isn’t she lovely(可愛いアイシャ)」では、この低音カット(LOW CUT)の設定をOFFにしています。

たぶん歌い方や発声にもよると思うのですが、私の場合は低音カット(LOW CUT)の設定をOFFにして録音したほうが、より私の自然な声に近い感じになるようです。

私の声には細かいビブラートがかかるクセがあるのですが、低音をカットする設定にするとこのビブラートがフラットな感じに録音されるように思います。

そしてこの低音カット(LOW CUT)は私の声の低い周波数もカットしているのか、どうも普段どおりの声で録音されない感じでした。

私の場合は低音カット(LOW CUT)はいらないなあと。

知識がないなりに、いろいろ試行錯誤しています。

スポンサーリンク

これで機械音痴も克服できれば、と思っています。

雑記
スポンサーリンク
フィフ子をフォローする
スポンサーリンク
Love Jazz(ジャズを愛せ)