ジャズメンたちのエピソードが満載「ジャズ・アネクドーツ」

「ジャズ・アネクドーツ(Jazz Anecdots)」は、大物ジャズメンたちのエピソードが満載。

ジャズの Anecdots(逸話)というタイトルどおり、いろんな逸話を読むことができます。

[ad]

型にはまらない、個性的なジャズメンたちの楽しい、おかしいエピソードがてんこ盛りです。

普通にエッセイ本としても、おもしろい本だと思います。

エピソード集なので、空き時間にちょこちょこ読むのにも便利。

興味のある、または好きなじゃずメンのところから読んだりもできます。

スタン・ゲッツ(Stan Getz)のバンドでベースを弾いていたビル・クロウ(Bill Crow)が実際に見聞きした話なので、おもしろさが半端じゃないです。

ビル・クロウ(Bill Crow)は、そのお人柄なのでしょうか。

チャールズ・ミンガス(Charles Mingus)と一緒に釣りに行ったり、ひょっこり公園で出会ったチャーリー・パーカー(Charlie Parker)をプールに誘ってみたら本当に来ちゃって一緒に泳いだり、というエピソードにことかかない人です。

テナー・サックス奏者のズート・シムズ(Zoot Sims)とは仲良しで、家族ぐるみのおつきあい。

ビル・クロウ(Bill Crow)はプロのジャズベーシストです。

ジャズメンあるあるで、呼ばれてあちこちのバンドに参加するので、さまざまなジャズメンに出会っています。

そんなビル・クロウ(Bill Crow)が共演して見聞きしたジャズメンのようすや、ジャズメンから聞いた話など、ジャズメンだからこそ知りえた「噂話」を超えたリアルを感じられるジャズメンたちのエピソードが語られています。

ジャズメンのプライベートな一面が垣間見れる、ジャズファンなら、たまらない一冊です。

スポンサーリンク

「あの人って、こんな人なんだ。」

「あのミュージシャンがそんなことしたの?!」

など、興味深いお話が満載です。

それに挿絵は和田誠さん。

彼の描く、あたたかみのあるユーモラスな似顔絵は、レジェンドたちを親しみやすい、人間味のある人物にしています。

本の評判がよかったのでしょうか。

ビル・クロウ(Bill Crow)はカルテットで、本と同じタイトルのアルバムも制作しています。

空き時間に、気軽に読めておもしろい本です。

ジャズメンたちが、もっと好きになりました。

愛すべき人たちです。

ジャズメンならでは。

サラリーマンには、なかなかこんな人たちはそろわない(笑)

スポンサーリンク

読めばジャズをもっと深く知ることができる、ジャズがもっと好きになると思います。

ビル・クロウについて詳しいことは、こちらをご覧ください。

作家としても活躍したベーシスト ビル・クロウが参加したアルバム
村上春樹さんが訳した「ジャズ・アネクドーツ」や「さよならバードランド」も書いた、作家としての才能も持つジャズメン、ベーシストのビル・クロウ(Bill Croe)の紹介です。彼が参加しているアルバムや曲の紹介も視聴できます。

ビル・クロウの著作「さよならバードランド」もおすすめです。

ジャズメンの成長とジャズの衰退を読む「さよならハードランド」
「さよならバードランド」。ジャズのベーシスト、ビルクロウが、自己がジャズメンになるまでにどんな勉強をして、どんな風に仕事を得ていったかを中心に、出会ったジャズメンたちのエピソードと、老舗ジャズクラブ「バードランド」の衰退も描かれます。