YouTubeデビュー!首から下だけユーチューバー?(笑)

ユーチューバーになってみました(笑)

いえいえ、そんなたいそうなものではないのですが。

ジャズのスタンダードナンバー「Sentimental journey(センチメンタル ジャーニー)」を歌っています。

夫婦喧嘩の後という設定で、大阪弁の訳もつけました。

ちなみに「Sentimental journey(センチメンタル ジャーニー)」と言っても、松本伊代さんが歌っていたほうじゃありません(古っ!)

動画を作っていて、てんやわんや(これも古いねん!)になっていたので、すっかりこちらのサイトの更新が滞ってしまいました。

スポンサーリンク

コロナの自粛期間中にYouTubeにはまって、いろんなユーチューバーさんの動画を拝見しました。

Youtubeでは「ルーティン」という分野があって、いろんなユーチューバーさんたちが、普通の日常の朝のようすや、仕事から帰宅した後の家でのようすを撮影してアップされているのですが、これが思いのほかおもしろい!

他人の日常生活が、こんなにおもしろいなんて(笑)

そしてユーチューバーって若い人だけかと思ったら、結構40代、50代、60代も少なくないです。

アラフィフの私も、ちょっと試しにやってみようかなと軽い気持ちでやりはじめてみたのですが。

これが結構たいへんでした!

知識ゼロからはじめたので(笑)

 

「歌ってみた」というものがあって、みなさん自分で歌った動画をあげておられます。

実は、私は若いころから趣味でジャズを歌っています。

たまーに、仲間内でライブをしたりもします。

でもここしばらく、コロナの影響で、セッションもライブもご無沙汰です。

そのせいでしょうか。

「ジャズで『歌ってみた』がやりたい!」

と無謀にも思ってしまいました。

でもYouTubeにアップされている「歌ってみた」の動画は、どれもプロ並みの半端ないうまさ。

私のつたない歌なんか、お恥ずかしいかぎりです。

若いときならここで怖気づいているところですが、今や私も立派な大阪のおばちゃんになりました。

若いときなら勇気のいることですが、大阪のおばちゃんは厚かましさを身につけているので、そんなに勇気は必要ありません(笑)

やりたかったら、やるだけです!

スポンサーリンク

で、やってみたのですが。

知識ゼロからスタートして、ネットで1つずつ調べながら頑張りました。

本当にわからないことだらけでしたが

「1つずつわからないことを、わかるまで調べたらええねん」

と気長に取り組みました。

「あきらめへんかったら、いつかはできるやろ」

とねばりました。

オケは、以前から使っていたiReal Proという、アマチュアジャズミュージシャンならたいてい使っているアプリで作成しました。

このiReal Proで作ったオケを聞きながら歌っている動画を撮ってアップすればいいんだ、と簡単に考えていたら、そうはいきませんでした(笑)

オケを聞きながら歌っている動画を撮影して、自分の歌も録音する、という作業が一番苦労したところ。

iPhoneだけでやろうと、無謀なことをしていましたから。

最終的にたどりついた方法は、オケを聞きながらiPhoneで歌っている動画を撮影して、Garage Bandで歌を録音してオケとミックスした後、iMovieで音声と動画を合体させるというもの。

全部、無料のアプリを使っています。

(詳しい方法などは、また後日アップできればと思っています)

何度も言いますが、時間もかかったし、頑張りました!

その成果を見てください!

苦労したわりには、素人感満載ですが(笑)

初めて製作したにしては、上出来と思いっきり自画自賛してます(笑)

どうぞあたたかい目で(耳で?)見て(聞いて)ください。

Sentimental journey(センチメンタル ジャーニー)

字幕つけるのも、たいへんでしたが頑張りました。

やり遂げた感と充実感はあるのですが、疲労感も半端ないです(笑)

いやあ、疲れました!

でもこんなに頑張ったのも久しぶり。

スポンサーリンク

「Sentimental journey(センチメンタル ジャーニー)」の動画をアップしていますが、

「Come rain or come shine(降っても晴れても)」

「I can’t give you anything but love(捧ぐるは愛のみ)」

も、順次アップされる予定です。

私の設定にミスが無ければ(笑)

どうぞよろしくお願いいたします!

雑記
スポンサーリンク
フィフ子をフォローする
スポンサーリンク
Love Jazz(ジャズを愛せ)