とにかく美しいジャズピアノ ビル・エヴァンスの名盤(後編)

ビル・エヴァンス(Bill Evans 1929年~1980年)の名盤のご紹介、後編です。

前編はこちら。

とにかく美しいジャズピアノ ビル・エヴァンスの名盤(前編)
ビル・エヴァンス(Bill Evans 1929年~1980年)の名盤のご紹介です。有名なスコット・ラファロ( Scott LaFaro)、ドラムのポール・モチアン(Paul Motian)とのトリオのアルバムなど。
スポンサーリンク

ビル・エヴァンスの名盤(後編)

スタン・ゲッツ&ビル・エヴァンス(Stan Getz & Bill Evans) 1964年

スタン・ゲッツ(Stan Getz)とのデュオのアルバム。

スタン・ゲッツは死の直前に、ケニー・バロン(Kenny Barron)ともデュオのアルバムをに出しています。

両方のアルバムに収録されている「ナイト・アンド・デイ(Night And Day)」をスタン・ゲッツ&ビル・エヴァンス版と、スタン・ゲッツ&ケニー・バロン(Kenny Barron) 版で聴き比べるのも楽しいです。

(↓Spotifyに登録すれば(無料でも可)フル再生できます)

Spotify - Web Player: Music for everyone
Spotify is a digital music service that gives you access to millions of songs.

ちなみに、その「ナイト・アンド・デイ(Night And Day)」が収録されたスタン・ゲッツとケニー・バロンのデュオのアルバム「ピープル・タイム(People Time)」は、こちらで試聴できます。

ソフトな音色のクールジャズ スタン・ゲッツの名盤(前編)
スタン・ゲッツ(Stan Getz 1927年~1991年)の名盤(前編)です。特に有名と思われる3枚のアルバムとをご紹介しています。
トニー・ベネット/ビル・エヴァンス・アルバム(The Tony Bennett/Bill Evans Album)1975年

トニー・ベネット(Tony Bennett)が、ビル・エヴァンスのピアノ1本で歌います。

ビル・エヴァンスの歌伴でのピアノが、またいいです!

ワルツ・フォー・デビイ(Waltz for Debby)1964年

1937年生まれのスエーデンのジャズシンガー、モニカ・ゼタールンド(Monica Zetterlund)とのアルバム。


メンバーは、ヴォーカルのモニカ・ゼタールント(Monica Zetterlund)、ベースのチャック・イスラエル(Chuck Israels)、ドラムのラリー・バンカー(Larry Bunker)

ベースのチャック・イスラエル(Chuck Israels)は、スコット・ラファロ(Scott LaFaro)が亡くなった後、ビル・エヴァンスがエディ・ゴメス(Eddie Gómez)と組むようになるまでの間に、ビル・エヴァンスとよく組んでいた人で、ひそかに人気があるベーシストです。

モニカ・ゼタールントは映画「ストックホルムでワルツを」のモデルとなった人。

スポンサーリンク
ノゥ・ホワット・アイ・ミーンズ?(Know What I Mean?) 1961年

こちらはキャノンボール・アダレイ(Cannonball Adderley)名義のアルバムで、ビル・エヴァンスはサイドマンとして参加。

ビル・エヴァンスの名曲「ワルツ・フォー・デビー(Waltz For Debby)」が収録されていますが、キャノンボール・アダレイ風味がきいた、軽快なスイングに変身していて楽しいです。

メンバーは、モダン・ジャズ・カルテットのリズム隊である、ベースのパーシー・ヒースPercy Heath)とドラムのコニー・ケイ(Connie Kay)、そこにアルトサックスのキャノンボール・アダレイ( Cannonball Adderley)、そしてビル・エヴァンス

最初、メンバーを見てびっくり!

ファンキーでノリノリ、ソウルフルなキャノンボール・アダレイ( Cannonball Adderley)と、クラシック音楽のような洗練されたビル・エヴァンスの組み合わせは、水と油のように思いましたが、共演してみると、水と油がきれいに混ざり合って、思いがけず楽しい世界を作り出しています。

スポンサーリンク
カインド・オブ・ブルー(Kind of Blue) 1959年

マイルス・デイヴィス名義のアルバムで、モダンジャズの名盤。

モードジャズを代表する1枚。発売当初は全曲マイルス・デイヴィス作とクレジットされていましたが、昨今では3曲目の「ブルー・イン・グリーン(Blue in Green)」はマイルスとエヴァンスの共作、またはビル・エヴァンスの作とされています。

ただし2曲目のピアノはウィントン・ケリー(Wynton Kelly)です。


メンバーは、トランペットのマイルス・デイヴィス(Miles  Davis )、テナーサックスのジョン・コルトレーン(John Coltrane)、アルトサックスのキャノンボール・アダレイ(Cannonball Adderley)、ベースのポール・チェンバース(Paul Chambers)、ドラムのジミー・コブ(Jimmy Cobb)、そしてピアノがビル・エヴァンス(2曲目だけウィントン・ケリー(Wynton Kelly))

 

ほかにも、ベースのゲーリー・ピーコック(Gary Peacock)と共演した「トリオ64’(Trio ’64)」も名盤と言われていますし、ハーモニカのトゥーツ・シールマンス( Toots Thielemans )とレコーディングした「アフィニティ(Affinity)」などなど、ビル・エヴァンスのアルバムにはいいものが多いです。

 

私は見に行けなかったのですが、ビル・エヴァンスのドキュメンタリー映画「ソングス・オン・タイム・リメンバード(Songs On Time Remembered)」が公開されました。


ビル・エバンスの生涯には常にアルコールとドラッグが付きまとっていて、「ゆっくりとした自殺」とも言われる、彼の悲劇的な生涯にクローズアップした内容なのかなあと思ってました。

「また破滅的なジャズメンの路線のストーリーかいっ!」

と思って見に行きませんでした。

この時代のジャズメンやロックミュージシャンは、アルコールとドラッグで破滅的な生活を送った人が多いので仕方ないのですが、そこばっかりにフォーカスされてもなあ。。。。そういう感じの映画はさんざん見てもう飽きたと思って、行かなかったのですが、見た人たちに聞くと軒並み評判がよいです。

DVDが発売されるか、どこかの動画配信サービスで動画配信されたら、見てみたいと思っています。

スポンサーリンク

ビル・エヴァンス(Bill Evans)の名曲のご紹介はこちら。

とにかく美しいジャズピアノ ビル・エヴァンスの名曲&有名曲
ビル・エヴァンス(Bill Evans 1929年~1980年)の作による曲、名演奏が聴ける曲など、有名曲やおすすめの曲をご紹介しています。

ビル・エヴァンスの経歴や、来日時のエピソードはこちらに書きました。

クラシック音楽のような美しいジャズピアノ ビル・エヴァンスの生涯
ビル・エヴァンス(Bill Evans 1929年~1980年)の奏でるジャズはクラシック音楽のような美しさ。そんな彼のエピソードや、奥さんと来日したときのエピソードなど。

ビル・エヴァンスの名盤(前編)はこちら。

とにかく美しいジャズピアノ ビル・エヴァンスの名盤(前編)
ビル・エヴァンス(Bill Evans 1929年~1980年)の名盤のご紹介です。有名なスコット・ラファロ( Scott LaFaro)、ドラムのポール・モチアン(Paul Motian)とのトリオのアルバムなど。