ベーシスト ポール・チェンバース(リーダー作)ジャズ名盤アルバム

ポール・チェンバース(Paul Chambers 1935~1969年)は短い生涯にもかかわらず、400枚ものアルバムのレコーディングに参加したと言われている人。

本人名義のアルバムのほかに、サイドマンとして参加したアルバムにも名盤がたくさんありますが、今回は本人名義のアルバム、リーダー作の中から名盤をご紹介します。

ポール・チェンバースの名盤&有名アルバム

ポール・チェンバースは有名なのに若くして亡くなったために、リーダー作は以下の6枚のみ。

  • チェンバーズ・ミュージック(Chambers’ Music)1956年
  • ウィムズ・オブ・チェンバース(Whims of Chambers)1957年
  • ポール・チェンバース・クインテット(Paul Chambers Quintet )1957年
  • ベース・オン・トップ(Bass on Top)1957年
  • ゴー(Go)1959年
  • ファースト・ベースマン(1st Bassman)1960年

ただポール・チェンバースの場合、サイドマンとして参加したしたものに名盤が多いのも特徴です。

スポンサーリンク
ベース・オン・トップ(Bass On Top)1957年

数少ないリーダー作の中でもポール・チェンバースといえば、まずこの「ベース・オン・トップ(Bass On Top)」があげられるくらい有名なアルバム。

私もこのアルバムがお気に入りで、もう何回聴いたかわからないくらい聴きました。

ポール・チェンバースが前面に出ていて、彼のベースを濃厚に味わえるアルバムです。

(↓Spotifyに登録すれば(無料でも可)フル再生できます)

Spotify - Web Player: Music for everyone
Spotify is a digital music service that gives you access to millions of songs.

メンバーは、ベースのポール・チェンバース(Paul Chambers)、ピアノのハンク・ジョーンズ(Hank Jones)、ギターのケニー・バレル(Kenny Burrell)、ドラムのアート・テイラー( Art Taylor)

ゴー(Go) 1959年

ポール・チェンバースのリーダー作で有名なのは、ダントツで「ベース・オン・トップ(Bass On Top)」なのですが、その次にあげられるのがこの「ゴー(Go)」あたりかと思います。

当時ポール・チェンバースはマイルス・デイヴィス(Miles Davis)のバンドに所属していましたが、同じ時期に所属していたアルトサックスのキャノンボール・アダレー( Cannonball Adderley)、ピアノのウィントン・ケリー( Wynton Kelly)、ドラムのジミー・コブ(Jimmy Cobb)という気心の知れたメンバーと、息の合った演奏を聴かせています。

メンバーは、ベースのポール・チェンバース(Paul Chambers)、トランペットのフレディ・ハバード(Freddie Hubbard)、アルトサックスのキャノンボール・アダレー(Cannonball Adderley)、ピアノのウィントン・ケリー( Wynton Kelly)、ドラムは1,3,4曲目がフィリー・ジョー・ジョーンズ(Philly Joe Jones)、2,5,6曲目がジミー・コブ(Jimmy Cobb)

ウィムズ・オブ・チェンバース(Whims of Chambers)1957年

3枚目に「ポール・チェンバース・クインテット(Paul Chambers Quintet )」を選ぶか、「ファースト・ベースマン(1st Bassman)」や「チェンバーズ・ミュージック(Chambers’ Music)」を選ぶか、このあたりになってくるともう選ばなくてもいいように思うくらい甲乙つけがたい感じになってきますが、思い切ってこの「ウィムズ・オブ・チェンバース(Whims of Chambers)」をチョイス。

メンバーも曲調もハードバップ一辺倒といった感じで、バップ好きでなくてもわくわくするであろうアルバムです。

個人的には、ジョン・コルトレーン(John Coltrane)ホレス・シルヴァー(Horace Silver)が参加しているのがツボでした。

メンバーは。ベースのポール・チェンバースPaul Chambers)、トランペットのドナルド・バード(Donald Byrd)、テナーサックスのジョン・コルトレーン(John Coltrane)、ギターのケニー・バレル(Kenny Burrell)、ピアノのホレス・シルヴァー(Horace Silver)、ドラムのフィリー・ジョー・ジョーンズ(Philly Joe Jones)

 

若くして亡くなったので仕方ありませんが、もう少し長生きしていたらもっと名盤を残していたはずです。

スポンサーリンク

ポール・チェンバースに捧げられた曲は、こちらに集めました。

ジャズメンに愛されたベース ポール・チェンバースに捧げられた曲
アルコールとヘロインに依存して、若くして亡くなったポール・チェンバース(Paul Chambers 1935~1969年)に、ジャズメンたちから捧げられた曲やアルバムを集めてみました。

ポール・チェンバースの生い立ちや生涯につていは、こちらに書きました。

アルコ(弓弾き)の名手で大酒飲みなポール・チェンバースの生涯
クラシック音楽のアルコ(弓弾き)をジャズに定着させた、ベーシストのポール・チェンバース(Paul Chambers 1935年~1969年)。大酒飲みでジャンキーだったにも関わらず、練習の虫。そんな彼のバイオグラフィーと名曲のご紹介です。

ポール・チェンバースのエピソードについてはこちら。

偉大な酔っ払いジャズベーシスト ポール・チェンバースのエピソード
ポール・チェンバース(Paul Chambers 1935~1969年)は数々の名盤で名演奏を残すいっぽうで、アルコールとヘロインの悪癖も持っていた人です。そんな彼のエピソードを集めました。