無邪気なタッチとクセになる不協和音 セロニアス・モンクの名盤

セロニアス・モンク(Thelonious  Monk、1917年~1982年)の名盤のご紹介です。

 

セロニアス・モンクの名曲&有名曲についてはこちら

無邪気なタッチとクセになる不協和音 セロニアス・モンクの有名曲
セロニアス・モンク(Thelonious  Monk、1917年~1982年)が作曲した曲や名曲、有名な曲のご紹介です。

セロニアス・モンクも巨匠なので、名盤は多すぎて紹介しきれませんが、有名と思われるところを中心にご紹介します。

スポンサーリンク

セロニアス・モンクの名盤

ユニーク(The Unique) 1956年

ドラムがセロニアス・モンクと相性ぴったりで、最初のレコーディングも、最後のレコーディングも一緒だったアート・ブレイキー(Art Blakey)と。

数年前に(もっと前かも)ユニクロでジャズのシリーズのTシャツが売られていたとき、この表紙のTシャツもあったくらい有名。

(↓Spotifyに登録すれば(無料でも可)フル再生できます)

Spotify - Web Player: Music for everyone
Spotify is a digital music service that gives you access to millions of songs.


メンバーは、ドラムのアート・ブレイキー(Art Blakey)、ベースのオスカー・ペティフォード (Oscar Pettiford)、そしてセロニアス・モンク。

「ソロ・モンク(Solo Monk)」1965年

終始一貫してセロニアス・モンクのソロピアノのアルバム。

濃厚にセロニアス・モンクの個性的なピアノを堪能できます。

セロニアスモンクの演奏は、タイム感や不協和音すれすれな感じ(それがクセになるのですが)などが個性的なだけに、私の第一印象はただびっくり!なんだこれ!でした。

でも何度も聴きこむと、クセになる味。

モンクズ・ミュージック(Monk’s Music)1957年

いきなり、星条旗か何かの旗が上がっていって、それに敬礼するときのような音楽がはじまって

「何がはじまるねん⁈」

と驚いてしまいましたが、すぐにご機嫌なノリノリの演奏になります。


メンバーはアルトサックスのジジ・グライス(Gigi Gryce)、テナーサックスのコールマン・ホーキンズ(Coleman Hawkins)、同じくテナーサックスのジョン・コルトレーン(John Coltrane)、ベースのウィルバー・ウェア(Wilbur Ware )、ドラムのアート・ブレイキー(Art Blakey )

こうしてみると、メンバーも豪華。

ご機嫌でノリノリとはいえ、そこはセロニアス・モンクなので、心地よい不協和音と独特のタイム感で、ついつい聴きこんでしまいます。

スポンサーリンク
ブリリアント・コーナーズ(Brilliant Corners)1957年

多くの人たちがセロニアス・モンクの名盤としてあげるのが「ブリリアント・コーナーズ(Brilliant Corners)」。

その複雑な曲ゆえに、参加ミュージシャンたちと険悪ムードになったり、ベーシストはナーバスになってエアベース(ベースを弾いてる真似だけして音を出さない)状態になっちゃったり、大変なレコーディング作業を乗り越えて完成させたアルバムです。

結局、1曲の頭から最後までうまくいったテイクがなかったので、うまくいった部分をつぎはぎして、つなぎ合わせたそう。

聴いていると、次々と細かく展開していく感じが、飽きさせません。


メンバーは、テナーサックスのソニー・ロリンズ(Sonny Rollins)、アルトサックスのアーニー・ヘンリー(Ernie Henry)、トランペットのクラーク・テリー(Clark Terry)、ベースのオスカー・ペティフォード(Oscar Pettiford 1、2、3曲目のみ)、ベースのポール・チェンバース(Paul Chambers)、ドラムのマックス・ローチ(Max Roach)。

このアルバムのレコーディングでの参加ミュージシャンたちとモンクが険悪になっていく過程や、ベーシストのエアベース事件については、こちらに書いてます。

その独特さがクセになる セロニアス・モンクの生涯(後編)
セロニアス・モンク(Thelonious  Monk 1917年~1982年)の生涯、後編(ニカに出会ってから晩年まで)です。音楽活動が活発化するいっぽう、双極性障害で徐々に精神状態が悪くなり、晩年の6年間はピアノに触れることもできなくなりました。
バグズ・グルーブ(Bags’ Groove) 1957年

マイルス・デイヴィスの名盤。

「マイルス・デイヴィス・アンド・モダン・ジャズ・ジャイアンツ(MILES DAVIS AND THE MODERN JAZZ GIANTS)」と同時進行で録音されたアルバム。

セロニアス・モンクはサイドマンとして参加したものの、マイルス・デイヴィスに

「オレのソロのときはピアノを弾かないでくれ」

と言われた、いわゆる「喧嘩セッション」で有名なアルバム。

(のちに喧嘩ではなかった説が、有力となりました)


メンバーはトランペットのマイルス・デイビス(Miles Davis) 、ピアノのセロニアス・モンク(Thelonious  Monk)、ビブラフォンのミルト・ジャクソン(Milt Jackson) 、ベースのパーシー・ヒース(Percy Heath)、ドラムのケニー・クラーク(Kenny Clarke) 、テナーサックスのソニー・ロリンズ(Sonny Rollins)、ピアノのホレス・シルバー(Horace Silver)

ケンカ・セッションについては、こちらに書きました。

その独特さがクセになる セロニアス・モンクの生涯(前編)
セロニアス・モンク(Thelonious  Monk 1917年~1982年)の生涯(前編)です。幼少期~マイルス・デイヴィスとの喧嘩セッションまでを書きました。
セロニアス・モンク & ジョン・コルトレーン (Monk With John Coltrane)1961年
セロニアス・モンクとジョン・コルトレーン(John Coltrane)が共演したアルバム。
それまでジャンキーだったジョン・コルトレーンが、麻薬から足を洗うきっかけとなったのが、セロニアス・モンクだったという説があります。
そんなストーリーを知ってからは、このアルバムが感慨深いものになりました。


このジョン・コルトレーン(John Coltrane)が麻薬をやめるきっかけとなったエピソードについては、こちらに書いています。

活動期間10年でレジェンドへ ジョン・コルトレーンの生涯(中巻)
テナーサックスのジョン・コルトレーン(John Coltrane 1926年~1967年)の生涯(中の巻)は、マイルスのバンドに加入するもクビになり、麻薬を断ってセロニアス・モンクのバンドに参加した後、マイルスのバンドに再加入するまでです。

 

クールなジャズを聴いていると、なぜか急にセロニアス・モンクを聴きたくなります。

独特の不協和音のような不思議な響きと、子供のような無邪気な感じのタッチが、ときどき恋しくなります。

スポンサーリンク

セロニアス・モンクの経歴はこちらに書きました。

前編(幼少時~マイルス・デイヴィスとの喧嘩セッションまで)

その独特さがクセになる セロニアス・モンクの生涯(前編)
セロニアス・モンク(Thelonious  Monk 1917年~1982年)の生涯(前編)です。幼少期~マイルス・デイヴィスとの喧嘩セッションまでを書きました。

後編(ニカに出会ってから晩年まで)

その独特さがクセになる セロニアス・モンクの生涯(後編)
セロニアス・モンク(Thelonious  Monk 1917年~1982年)の生涯、後編(ニカに出会ってから晩年まで)です。音楽活動が活発化するいっぽう、双極性障害で徐々に精神状態が悪くなり、晩年の6年間はピアノに触れることもできなくなりました。

セロニアス・モンクの名曲のご紹介はこちら。

無邪気なタッチとクセになる不協和音 セロニアス・モンクの有名曲
セロニアス・モンク(Thelonious  Monk、1917年~1982年)が作曲した曲や名曲、有名な曲のご紹介です。