強力なグルーヴのジャズベース チャールズ・ミンガスの名盤(後編)

チャールズ・ミンガス(Charles Mingus、1922年~1979年)の名盤のご紹介、後編です。

 

前編はこちら。

強力なグルーヴのジャズベース チャールズ・ミンガスの名盤(前編)
チャールズ・ミンガス(Charles Mingus、1922年~1979年)のおすすめのアルバムです。有名どころ、名盤と言われているものからご紹介しています。
スポンサーリンク

チャールズ・ミンガスの名盤(後編)

ブルース&ルーツ(Blues & Roots)1959年

直立猿人(Pithecanthropus Erectus)とはまた、全然違うアルバム。

全体的にブルースっぽい感じはするのですが、そこはチャールズ・ミンガスなので、ブルースっぽいという言葉では表現できないジャズ。

ビバップっぽい感じもするし、かすかにフリージャズっぽい?感じも。

でも1つ言えるのは、力強いご機嫌なグルーブ!

フロントが管6本なので、華やかさもあります。

3曲目に収録されている「モーニン(Moanin’)」は、アートブレイキー(Art Blakey)の「モーニン(Moanin’)」とは同名異曲。

(↓Spotifyに登録すれば(無料でも可)フル再生できます)

Spotify - Web Player: Music for everyone
Spotify is a digital music service that gives you access to millions of songs.


メンバーは、テナーサックスのブッカー・アーヴィン(Booker Ervin)、アルトサックスはジャッキー・マクリーン(Jackie Mclean)とジョン・ハンディ(John Handy)、バリトンサックスの ペッパー・アダムス(Pepper Adams)、トロンボーンはジミー・ネッパー(Jimmy Knepper)とウィリー・デニス(Willie Dennis)、6曲目以外はピアノのホレス・パーラン(Horace Parlan)、6曲目だけピアノはマル・ウォルドロン(Mal Waldron)、ドラムはダニー・リッチモンド(Dannie Richmond)

ミンガス、ミンガス、ミンガス、ミンガス、ミンガス(Mingus, Mingus, Mingus, Mingus, Mingus)1963年

名前を連呼され、なぜにこのタイトル?と思ってしまう、別名「ファイヴ・ミンガス」と呼ばれるアルバム。

こちらも11人という華やかな編成。

結構ジャズっぽい感じなのですが、そこはミンガスなので、ミンガス風の他にはないジャズといった感じ。

メンバーは、たくさんの人が入れ替わり立ち代わりなので、割愛。

黒い聖者と罪ある女(The Black Saint and the Sinner Lady)1963年

四部作のバレエ音楽となってますが、バレエ。。。。前衛的なバレエな感じ?

名盤と名高いアルバムの1つです。


メンバーは、ソプラノサックス&バリトンサックス、フルートの ジェローム・リチャードソン(Jerome Richardson)、アルトサックスの チャーリー・マリアーノ(Charlie Mariano)、テナーサックス&フルートのディック・ハフェル(Dick Hafer )、トランペットのロルフ・エリクソン(Rolf Ericson)とリチャード・ウィリアムズ(Richard Williams)、トロンボーンのクエンティン・ジャクソン(Quentin Jackson)、チューバ&コントラバス、トロンボーンのドン・バターフィールド(Don Butterfield)、ピアノのジャッキー・バイアード(Jaki Byard)、ギターのジェイ・バリナー(Jay Berliner)、ドラムのダニー・リッチモンド(Dannie Richmond )

何も考えず、頭を空っぽにして、感覚で聴くアルバムのように思います。

ミンガスの不思議ワールド満載。

スポンサーリンク
「クンビア・アンド・ジャズ・フュージョン(Cumbia and Jazz Fusion)」1977年

クンビア(Cumbia)とは、インディオやスペインの楽器、リズムが取り入れられたコロンビアの伝統的なダンスミュージック。

この「クンビア・アンド・ジャズ・フュージョン(Cumbia and Jazz Fusion)」は、その名のとおり、クンビアとジャズを融合させたアルバムです。

これ以降、チャールズ・ミンガスは病のために車いす生活となり、ベースを弾くのが困難になります。

メンバーはトロンボーンのジミー・ネッパー (Jimmy Knepper)、ドラムのダニー・リッチモンド(Dannie Richmond)など、チャールズ・ミンガスとはお馴染みのメンバーなど合計23名。

 

この他にも、1964年リリースの「ザ・グレイト・コンサート・オブ・チャールズ・ミンガス(Great Concert of Charles Mingus)」、1960年のアルバム「ミンガス・アット・アンティーブス(Mingus at Antibes)」も名盤とされています。

スポンサーリンク

チャールズ・ミンガスがサイドマンで参加したアルバムについてはこちら。

(前編)

チャールズ・ミンガスがサイドマンで参加したアルバム(前編)
チャールズ・ミンガス(Charles Mingus、1922年~1979年)がサイドマンとして参加した、他人名義のアルバムのご紹介です。有名な2枚のアルバムや、パド・パウエル名義のアルバムや、オスカー・ペティフォード名義のアルバムなど。

(後編)

チャールズ・ミンガスがサイドマンで参加したアルバム(後編)
チャールズ・ミンガス(Charles Mingus、1922年~1979年)がサイドマンとして参加した、他人名義のアルバム、後編です。 レアなものから、ミンガスのレーベルからリリースされたマイルス・デイヴィスのアルバムや、ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)がミンガスに捧げた有名なアルバムなどをご紹介。

チャールズ・ミンガスの経歴については、こちらに書きました。

(前編)生い立ち~初めてベースを手にするまで

力強いグルーヴで斬新なジャズ チャールズ・ミンガスの生涯(前編)
チャールズ・ミンガス(Charles Mingus 1922年~1979年)の経歴の前編です。幼少期~地元のバンドに入って、ベースを手にするまで。

(後編)ジャズの世界へ踏み出してから晩年まで

力強いグルーヴで斬新なジャズ チャールズ・ミンガスの生涯(後編)
チャールズ・ミンガス(Charles Mingus 1922年~1979年)の経歴の後編です。ジャズの世界に踏み出してから晩年までです。

チャールズ・ミンガスのエピソードについてはこちら。

数々の事件を巻き起こしたチャールズ・ミンガスのエピソード(前編)
気性が激しかったと言われるジャズベーシストのチャールズ・ミンガス(Charles Mingus 1922年~1979年)。その気性ゆえか、彼が起こした事件やエピソードの数々をご紹介します。

チャールズ・ミンガスの名盤(前編)はこちら。

強力なグルーヴのジャズベース チャールズ・ミンガスの名盤(前編)
チャールズ・ミンガス(Charles Mingus、1922年~1979年)のおすすめのアルバムです。有名どころ、名盤と言われているものからご紹介しています。

チャールズ・ミンガス自伝?創作も入ってると巷で噂の「敗け犬の下で(Bneath the Underdog)」についてはこちら。

チャールズ・ミンガス自伝?「敗け犬の下で」は飛ばし読みがおすすめ
チャールズ・ミンガスの自伝?「敗け犬の下で」の紹介です。クエッションマークがつくのは、この本は「ほら話」だという話もあり、読んでいても「彼の創作なのでは?」と感じるところもあるからです。退屈な箇所もありますが、飛ばし読みで楽しめる本でした。